禁断の日記

ローカル蘭展終了

毎年恒例の蘭展が終わりました。
去年は 例のアスベスト問題で会場が使えず、中止になった為のと、生憎の天気の為か 入場者が多かったような気がします。
昨日は 25名もの団体御一行様(1ヶ月前程に ツニアで打ち解けてしまった人の)が来場中に 丁度、TVの取材が入り ラッキー(*^^)vピース な一幕も・・・・・
チャリティー用の販売株(不要株、余剰株など)も おぞましい数に 全部売れるのか?とゆー心配もありましたが、会員の強力もあり 完売。(こんな値段で売っていいの?ちゅーのも・・・上限が3kって事も ありますが・・・・・・)

予告していた入賞花ですが、一部の審査委員より あまり公正では無かった。納得いかない等々の話があり、掲載するのは中止致しました。待ってた方 御免なさいm(__)m

どこでも最近は 大株、豪華、多花の傾向が強いような気がする。=一般受けが良い⇒営業(販売)に繋げる。 この方程式が成り立っているような気がしてならない。

当会も同様に言える。審査委員が知っている花などは 色々と批評はするが、知らない、判らない株などは 全くと言っていいほど批評はしない。
栽培難度、開花難度なども同様である。
賞が欲しいわけでは無いが、納得いかない方が多い。

だからとゆーことでは無いのだが、あえて珍種、小花、ゲ等 陽の当らない株を出している(^^ゞ
次は2月、このパターンだと またも谷間に・・・・・・(^_^;)

by wildseed | 2006-11-19 20:36 | ぼやき
<< 虐待 第41回ローカル蘭展 >>